スポンサーリンク

浜松最後の日

いよいよ,異動に伴って転居することに。

異動の内示があった1月には,愛犬が悪性腫瘍で余命が長くて3か月と告知されて,ちょうど4月には,余命いくばくもない状態で転居させることが難しくなる可能性が高そうで,異動と同時に転居する方針で話をすすめられなかった。
そして,そのうちに,新型コロナウィルス感染症が広がり,家を探しに行くのも躊躇されるようになってしまった。

結局,4月から約3か月間,単身でマンスリーマンションに暮らしてきた。

マンスリーマンションは,大変狭くて,息苦しかった。
救いは,徒歩5分程度で海に出るので,時間があれば海岸線を散歩できたこと。

しかし,ようやく名古屋に転居先をみつけた。

今日,荷物を浜松の家から搬出して,浜松最後の日となった。

浜松の大家さんは,とても良い人だった。
庭の草木の伐採を頼む関係などで,ときどき直接連絡を取ったが,話しやすかった。
浜松に本拠を構える全国(世界)規模の某大手企業の取締役まで務めた人だそうだ。
近隣の方々もよい人が多く,浜松は住みやすかった。

コメント

タイトルとURLをコピーしました