スポンサーリンク

コロナウィルスによる「新型肺炎」情報

まだまだ不明な実態

WHOは,今年1月31日に,中華人民共和国湖北省武漢市における新型コロナウイルス関連肺炎の発生状況が「国際的に懸念される公衆衛生上の緊急事態(PHEIC: Public Health Emergency of International Concern)」には該当すると発表した。

といっても,現在,日本国内で,「新型肺炎」が流行しているというわけではない。

医師によれば,

ヒトからヒトへの感染は確認されているので,流行する危険もあるが,現在確認されている範囲では,もっと危険で注意しなければならない感染症がある。
なのに,それは無視して「新型肺炎」ばかり騒ぐ人がいる。
なぜ?

ということになるようだ。

特に,インフルエンザは,感染力も強いし,世界で年間1万人が死亡していると言われているほど危険だし,麻疹は,感染力がさらに強く,胎児への影響など深刻なので,「新型肺炎」を恐れるのに,インフルエンザや麻疹の対策をしないというのは,理解できないとのこと。

結局,無責任な匿名情報や,煽るマスコミ番組に踊らされ,自分で考えていない人の多いということなんだろう。

「新型肺炎」は,空気感染する可能性は低いようで,対策は,手洗い・消毒と,うがい程度。
あとは,感染を疑われる側のマスク。

情報

コメント

タイトルとURLをコピーしました